Ectopic Pregnancy Foundation
Registered Charity No: 1122286
Patient Helpline: +44 (0) 845 070 4636
Contact us info@theepf.org

Japanese FAQ's

The questions have been translated by a number of different individuals who speak that language as their first, but not all of the translators are medically qualified. The Ectopic Pregnancy Foundation cannot take responsibility for any inaccuracies that may have occurred during the translation

子宮外妊娠をしている患者さんとそのパートナーの方からよくある質問

1。子宮外妊娠は再発しますか。
一度、子宮外妊娠をしますと、再発率は高まります。実際の可能性としては、一般的な発生率が1~2%に対して、子宮外妊娠後の発生率は10%に増加します。しかしながら覚えておいて頂きたいのは、子宮外妊娠後の正常妊娠の可能性は50%~80%と再発率よりも高いのです。

2。子宮外妊娠後に正常妊娠をする可能性はありますか。
子宮外妊娠後の正常妊娠の可能性は50%~80%です。もしあなたがIVF(体外受精)治療を受け妊娠した場合、普通妊娠の可能性は少々低下します。これはIVFの患者さんの場合、自然な妊娠に比べ、子宮外妊娠や流産の確率が高いからです。IVF治療後の妊娠での子宮外妊娠の確率は4倍に増加します。妊娠後、安定期に入りますと(通常3ヵ月後)出産予定日までのリスクは他の人達と同様です。あなたの子宮外妊娠の危険性が、妊娠期間、取り組み、または出産を複雑にするわけではありません。子宮外妊娠をしているからという理由だけで、頻繁に産科医に見てもらう必要はありません。

3。出血はいつ止まりますか。
子宮外妊娠の出血症状はほとんどの症例に見られます。これは妊娠組織が卵管内から腹腔内に流れ出てたりしておこります。出血期間は通常月経と同じ程度ですが、それよりも長く続く可能性もあります。もしご心配でしたら主治医の診察をお勧めいたします。

4。次の妊娠はいつできますか。
早すぎる妊娠が次の子宮外妊娠の可能性を増加させるといえる優良な証拠はありません。もしあなたがメソトレキセート(白血病の治療に用いる抗葉酸剤)を使用した治療しているのであれば、次の妊娠まで少なくとも3ヶ月は待たなければなりません。これはこの化学療法が胎児のとても早い時期の発達に危害を及ぼすと知られているからです。したがって待っている間は確実に避妊することをお勧めします。

5。主治医に、私は卵管開口術をされているといわれたのですが、これはなんですか?
卵管開口術とは卵管に小さな切開をし、子宮外妊娠を取り除くという方法です。切開部は治癒のために残します。これはどの卵管も摘出されないことを意味します。卵管開口術はもし他の卵管に以上がみられた場合に勧められます。

6。私が手術を受けた時、左卵管全体が摘出されました。もし一部の卵管が摘出されたのであれば今後妊娠する可能性は高まりますか?
理論的にはそのように思えますが、一部でも全体でも手術で卵管が摘出された場合 "子供を抱いて家に帰れる" と示される根拠は変わりません。

7。次の妊娠はいつできますか。
私の場合、子宮外妊娠破裂を起こしたため鍵穴手術ではなくう腹部の手術を受けました。これは今後の妊娠に影響を及ぼしますか?

腹腔鏡による「鍵穴手術」は小さな腹部の切開と短い入院で行えるという利点があります。なおかつ早期回復で、早くに仕事を再開することができます。どちらの手術方法が今後の妊娠に優勢であるといえる根拠はありません。

8。月経はいつ戻りますか。
もしあなたが妊娠前に正常な月経であったのであれば、4~6週間後に月経回復が期待できます。もしあなたが不規則な月経であったのであれば少々異なります。もしあなたが次の妊娠を予定していて、月経が回復しないのであれば、主治医の受診をお勧めします。

9。もし私がRhマイナスだとしたら。
もし今回があなたの初めての妊娠だとすれば抗D免疫が与えられます。これは3日間の筋肉注射治療です。もし血液型が定かでないのであれば治療している医師に聞いてください。あなたの血液型検査は、子宮外妊娠を管理する上で通常行われます。

10。今後の子宮外妊娠を予防するために出来ることはありますか。
子宮外妊娠を予防する手立てはありません。薬物用法や卵管摘出によって予防効果がみられるといった症例は知られていません。あなたに出来ることで一番最善の方法は、避妊薬を使用し予期せぬ妊娠を避けることです。コンドームを使うことでも危険度を減少することが可能です。もしあなたに感染症のおそれがみられた場合、ただちに医師に相談し、治療を受けてください。もしあなたが妊娠したのであれば、あなたは子宮外妊娠をするおそれがあるということを忘れてはなりません。早期発見、早期治療が重要です。

11。子宮内器具(IUCD)は使えますか。
子宮外妊娠をした場合でもIUCDを使うことは安全です。銅付加型でもMirenaでもどちらも安全です。これらによって子宮外妊娠がおこるという根拠はありません。しかしながら、もし器具効かずに妊娠にいたった場合は子宮外妊娠になる恐れが多少高まります。

12。ピルは使えますか。
子宮外妊娠後でもピルは使用できます。もし正確に使用していたのであれば、効果的な避妊作用があります。もし、あなたがよく服用を忘れてしまうようであれば、効果的な避妊方法とはいえません。ピルの服用で子宮外妊娠をするの確率を高めることはありません。

13。次の子供に障害はでますか。
子宮外妊娠をしたとしても、あなたが次に障害児をもつという可能性はありません。もしあなたがメソトレキセート(白血病の治療に用いる抗葉酸剤)を使用した治療しているのであれば、次の妊娠まで少なくとも3ヶ月は待たなければなりません。もし、メソトレキセートによる治療をしているにもかかわらず3ヶ月以内に次の妊娠をした場合は、担当医を通して専門医による精密検査を依頼する必要があります。あなたは専門医と、あなたに合った検査や治療方針などについて相談することができます。

14。もし妊娠検査薬で陽性だった場合どうすればいいですか。
妊娠5週目あたりから、医学的アドバイスを受けることはとても重要です。これは主治医を受診する事で可能です。主治医は早期の超音波検査のため近くの病院を紹介すると思います。子宮内妊娠と診断されれば安心です。もし検査後でも妊娠箇所が断定できない場合は、経過観察がとなります。

15。出産は帝王切開になりますか。
子宮外妊娠をしている患者さんがいつも帝王切開になるという根拠はありません。もしあなたが帝王切開を希望されてる場合でしたら、次に子宮外妊娠になるという確率が多少高まります。これは産後の感染症の確率が正常妊娠の症例よりも比較的高い傾向にあるからです。